社会の動き、政治・経済の動き、社内や家庭の調和、ストレスマネージメント。あなたの先見性・人間性・知的能力をさらにUPして、輝ける未来を拓くスペースです。


by kazenomegami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:創造的に生きよう( 3 )

皆さんも同じように感じおられると思います。

今の政治や経済は、騒然としています。危機感をとても感じます。

厳しい雇用情勢の中、転職・就職が本当に大変です。




特に求職者の方を支援をしている中で、優秀な方が会社の役にたつ人物だと思っても

受け皿が少ないことに関して、どうにかして欲しいと思っているのは皆さんも同じだと思います。

ただ愚痴を言ってもどうにもならないし、待っていても天からお金は降ってこないわけです。



私たちにできることは何かを考えてみたいと思います。

今大事なことは、「これでうまくいったから」こうなるなどの固定観念を捨てるということが

何よりも大事じゃないでしょうか?

私も含め多くの方が固定観念のとりこになっているかもしれません。

「これでうまくいったから」と思って守ってたようなものを捨て、新しいものに取り掛かる勇気が必要です。



不況の時にはやはり、新しい発明で物を創って戦うこと。

物だけで なく、システムやサービスなどもそう。

とにかく新しい発明でもって戦い、新しい気運を盛り上げていくことが大事。



だから、今までの

「こんなことは自分にはできない」

「今までこうやってきたから、するべきじゃない」

「こんなこと言ったら人に笑われる」など一旦捨て 去り、

とにかく一つでも二つでも新しいアイデアが湧いてきたら、チャレンジしていく時が今。



だから今、長引く不況の処方箋を出せと言ったら、とにかく発明・発見。

これをとりあえず繰り返す。

みんながそれに向かって新しい物を創り出そうと頑張ることかもしれません。



そのための発想やアイデアやインスピレーション得るための方法は、何があるでしょうか?

やはり固定観念を捨て、素直な心でいろんなものを眺めようという気持ちを持たねばならない。

年齢や年功序列、性別に関係なくいい意見は、

柔軟に取り入れてやらなければいけない時代に入っていると思います。



最終的には何といっても王道は、熱意を持って一生懸命努力をする人に、

いろんなアイデアやインスピレーションが降りてくるというのが法則みたいです。

世の中にちょっとでもいいことをしようと熱意を持っている人にインスピレーションが

数多く降りてくるということを知くことはとても必要だと思うんです。

そこで、当社もいろんな方に求人情報に関して

いろんなご意見を伺いたいと思います。

下記のURLにてご投稿頂ければと思います。 宜しくお願い致します。


http://goodpoint.jp/anke-to.htm
[PR]
by kazenomegami | 2010-04-12 16:42 | 創造的に生きよう
基本的に、能力が伸びると環境も変化します。

環境の変化に伴って自分の能力が変化するだけでなく、

自分の能力が変わってくると必ず環境も変化するのです。

例えば同じ部署で、10年、20、30年と仕事を仕事をしている人が、

短所を直し長所を伸ばしたならば、その人の環境は絶対に変化します。

「こんなに能力の高い人をこのままにはしておけない」ということになって、必然的に変わってくるのです。

現在の部署では能力があふれてしまい、

「こんな状態では仕事が面白くない。もっともっと働きたい。」という人を、

そのまま置いておけるはずがないのです。


環境が変わっていないなら、基本的に能力もあまり変わっていないはずです。

環境が変わって自分が変わることもありますが、自分が変われば環境も変わることもあるのです。

自分と環境とは互いに影響し合っているという事をしれば、

おのずと人のせい、環境のせいにしてしまう事も少なくなる事でしょう。


まずは自分の何を変える事ができるか。

長所の発見がそのきっかけになる事でしょう049.gif
[PR]
by kazenomegami | 2010-03-15 17:05 | 創造的に生きよう
これからの時代、今まで通りの延長線上に新たな未来は築けないだろう…。

昨日の成功を今日は捨て去り、今日の成功を、明日は破壊し、更なる創造の新境地を拓く。

そうであってこそ、未来に生きる人たちにも夢が花咲くのだと信じている049.gif


しかしそのためには「勇気」が必要。

創造的な人間であるためには「勇気」が要ります。


あなたには昨日の成功を捨てる「勇気」があるか。

今日の成功を、明日は破壊し、未来を拓く扉を拓く「勇気」があるか。

それを問いかけてみて欲しい072.gif
[PR]
by kazenomegami | 2010-01-04 01:11 | 創造的に生きよう